日本でBBクリームに関して発言しているのはIKKOさんやユンソナさんです。

また、韓琉ドラマの女優さんたちもBBクリームを愛(ギブアンドテイクではなく、ギブアンドギブの精神が大切です。何かと引き換えにということでは、取引になってしまいます)用していると言われ、ブームにさらに拍車をかけています。

日本ではまだ一部の芸能人が使用しているといわれていますが、インターネットではブームに火がつきそうな感じですが、店頭で大々的に売られている兆しはまだないようです。

ちなみに日本でBBクリームに関して発言しているのはIKKOさんやユンソナさんです。

また韓国のメーカーでは、最近はBBクリームに付加的な機能を補強した製品の開発が盛んになっているようです。

付加的な機能としては、アンチエイジング、美白、紫外線遮断などですが、この点が成功すれば、美容クリームとしての魅力と普及に拍車がかかることは間ちがいないでしょう。

日本のインターネットショップでも販売していますが、多くは品切れ状態のようで、再入荷待ちといった状態が続いているようです。光をつかうんです。つまり、光を反射する筆タイプ(中はリキッド)のハイライトか、明るい色のコンシーラーをほうれい線とその周辺にのせてなじませるんです。ほうれい線の上に明るめの筆タイプのコンシーラーか、ハイライトをのせる。
ポイントは、ほうれい線に対してハイライトの線が直角に交わるように、1cmくらいの線を、ほうれい線のある小鼻から口角までの間に5箇所ほどが目安です。

今までのファンデーション(類似品として、ドーラン、コンシーラー、フェイスパウダー、水おしろいなどがあるでしょう)は額のシワの間に入り込んで、昼過ぎになると額に1本横線が入っていました。

化粧崩れがひどく、化粧直しもシたくないほど酷かったのです。

こうすることにより、色はオデコや頬と均一ですが、ほうれい線の周りだけレフ板効果が働き、光の反射でにっくきほうれい線が薄くなります。
ハイライトというと粉のものが多いですが、筆タイプでほうれい線周辺に、せまくのせたほうが効果的です。おもちでない方は、今週末のショッピングリストにいかがでしょうか?今までのファンデーション(類似品として、ドーラン、コンシーラー、フェイスパウダー、水おしろいなどがあるでしょう)の経験から石鹸だけでは絶体に落ちないと思っていました。

ミネラルファンエーションに変えたあとでもオイルクレンジングで落としていたほどです。
しかし、その通りお風呂に入ってしまった時の事をいいますが、クレンジングを部屋まで取りに行くのも嫌だったので、石鹸だけで落ちると書いてあったkとを思い出して石鹸の泡をたくさんたてて洗ってみました。
そしたらなんと完全に石鹸だけで落ちてしまったではありませんか?驚きです。

ミネラルファンデーション リキッド